ケアプロストはまつ毛を伸ばすことができる育毛剤です。
もともとは有効成分のビマトプロストという成分には眼圧を下げる働きがあるため、緑内障や高眼圧症に使用されていたものなのですが、まつ毛を増殖させる効果もあります。

口コミでも優秀なケアプロストはルミガンのジェネリック製品であり、同じ成分が含まれており、ルミガンよりも安く手に入れることができます。
そこでケアプロストとはどういった特徴のある育毛剤なのか、手に入れる方法についてご紹介します。

ケアプロストとは?

長いまつ毛の女性 ケアプロストはまつ毛を育毛する効果がある医薬品です。
ルミガンのジェネリック品であるため、同じ有効成分であるビマトプロストという成分が含まれていますので、まつ毛を長くしたい方やボリュームを出したい方が使用すると、まつ毛を増毛させる効果を期待することができるでしょう。

美容整形や眼科などでもまつ毛の育毛剤として使用されていますので、安心して使用することができる医薬品です。
まつ毛が伸びる仕組みは、主成分のビマトプロストに秘密があり、メラニン生成を活性化させる働きや、毛胞を刺激するため、まつ毛の成長促進効果、まつ毛の毛周期の成長期の期間を伸ばす効果が医学的にも認められています。

1ヶ月ほど使用するとまつ毛が伸びるだけでなく、密度も濃く、色濃度も高くなることでしょう。
ケアプロストの使用の仕方は就寝前に1滴を上まぶたの付け根に塗ります。
まぶたに塗る前は、必ず化粧を落としてから、目の周りの皮膚を化粧水や乳液で整えておくとよいでしょう。

ケアプロストを塗るときは、アイブラシのようなもので、アイラインを引くつもりで上まぶたのまつげの付け根に、サッと一塗りし、ケアプロストの成分が浸透しやすいようにしばらく目を閉じてジッとまばたきをせずにまぶたを動かさないようにすると薬液が浸透しやすくなります。

注意事項

薬液を使用する際は、注意したいことがあります。
それはまぶたなどの皮膚につくと色素沈着が起こる恐れがあるため、まぶたの付け根以外の場所に薬液が広がらないようにすることです。
ケアプロストを塗った後は、薬液が目の中に入らないように心がけましょう。
元々は緑内障などの目の病気を改善するための点眼薬であるため、健康な状態の方は目の中に薬液を入れないように使用し、使用するのは上まぶたの付け根部分だけにするようにしてください。

まつ毛の育毛に必要なのは、ケアプロストだけでなく休息も必要です。
そのため、ケアプロストを就寝前に塗る以外にも、栄養バランスのよい食事を摂るようにするとより効果的でしょう。
ケアプロストは長期間使用し続けるとまつ毛の育毛効果を得ることができますが、使用をやめると1ヶ月ほどでまつ毛は元の状態へ戻っていきますので、その点についてもよく薬性質を理解して使用するようにしましょう。

ケアプロストを買う場合は個人輸入代行通販がいい!

個人輸入代行通販を利用する女性 ケアプロストは医薬品ですので、美容クリニックなどで処方されるのですが、一般の薬局では手に入れることができません。
クリニックで処方し続けると定価で購入することになるため、どうしても割高になってしまうことでしょう。

そこで少しでも安く購入したいという方は個人輸入代行通販を利用して手に入れてみてはいかがでしょうか。
ケアプロストは国内で使用するためには、医師の診察や処方箋がなければ手に入れることができませんが、個人輸入の場合だと医師の診察、処方箋がなくても、個人の使用という目的があれば一定の輸入規定量の範囲内であれば法律で手に入れることができます。

個人輸入代行をしてくれる通販を利用

しかし初めて個人輸入をされる方にとっては煩わしい手続きなどもありますので、なかなかハードルが高いことでしょう。
そこで利用したいのが個人輸入代行通販です。
個人輸入の際には様々な手続きを行わなければなりません。
また購入数やどのような目的で使用するのか用途に関しても薬事法の制約をうけますので、煩わしい手続きもすべて自分で行わなければなりません。

しかし個人輸入代行通販に依頼すれば、こうした煩わしい手続きのすべてを代行してくれますので、簡単に海外製品を自宅まで通販で届けてくれます。
様々な個人輸入代行通販会社がありますので、信頼できる会社を選ぶことが大切でしょう。
そこで信頼できる個人輸入代行通販会社を選ぶためには、できるだけ名前の知れた大手個人輸入代行通販会社を選ぶようにしましょう。

個人輸入代行では偽物に注意

あまり名前の知られていない怪しげな業者だと、個人輸入代行通販で手に入れた商品が正規品ではなく偽物である場合もあるからです。
偽物の商品を本物だと信じて使用した場合には、健康被害の問題もありますので、特に注意する必要があるでしょう。

商品が偽物だったという場合もあれば、お金を振り込んだにも関わらず、商品が届かないといった詐欺も起こる危険性もありますので、聞いたこともなり個人輸入代行通販は利用しないようにする必要があります。

個人輸入代行通販会社を選ぶ際のポイントは、公式サイトに会社名や会社所在地、固定電話の番号、創業年数などがしっかりと掲載されている会社を選ぶようにしましょう。
インターネットで個人輸入代行業者の評判や口コミなどを調べて信頼できる会社かどうかの判断をされるとよいでしょう。

ケアプロストの輸入は厚生労働省の規定を守っている

厚生労働省 個人輸入の場合、厚生労働省で輸入が規制されている薬物と規制が許されている薬物があります。
例えば厚生労働省より輸入が禁じられているものには、麻薬、向精神剤、覚醒剤、覚せい剤原料、大麻、指定薬物があります。

ケアプロストの場合は輸入が禁じられているものには該当しませんし、厚生労働省の規定を守っていますので、個人輸入を行うことができるでしょう。
ちなみにケアプロストは用法用量からみて1か月以内の分量であれば輸入可能ですので、個人輸入代行通販会社でケアプロストを手に入れても何の問題もありませんので、安心して個人輸入代行通販会社を利用することができるといえます。

ケアプロストはルミガン点眼液0.03%と同じ成分を持つビマトプロストが有効成分のジェネリック医薬品であるため、個人輸入が可能です。
用法用量から見て1か月以内の分量であれば個人輸入可能だと判断してよいでしょう。
ちなみに1ヶ月分の容量は小さな容器1本に入って3mlほどですので、1本だけ個人輸入すれば厚生労働省の規定内といえるでしょう。

しかし1本だけを個人輸入するのは海外からの郵送費用もかかり、不経済だといえます。
そこで地方厚生局に営業目的ではない輸入だという届出を行えば、規定用量以上の量を超えても個人輸入を行うことが可能になります。

輸入可能な品数は薬によってまちまちです

ケアプロストの場合、標準サイズで1品目24個以内であれば個人輸入が可能になります。
この場合、地方厚生局に必要な書類を提出する必要があり、営業目的ではなく自己の個人的な使用であることを証明する必要が出てきます。

また個人輸入したものを他人に売ったり、譲ったりすることも認められませんし、他の人の代わりにまとめて輸入することも出来ませんので注意する必要があるでしょう。
個人輸入をする場合は、こうした煩わしい手続きが必要となりますので、個人で大量に輸入するよりは、個人輸入代行業者を通して購入した方が、より入手しやすくなります。

大手個人輸入代行業者の場合、1本から購入することができ、最高20個ぐらいまで購入できる業者もありますので、一度に大量に手に入れたいという方も個人輸入代行業者で購入された方が費用も手続き面もお得になるのではないでしょうか。

また代行業者の方が個人よりも輸入に関する知識も経験もありますので、厚生労働省の規定を守り、適正な方法で輸入を行っていますので安心して利用することができるでしょう。

よく読まれている記事