まつ毛が伸びる!ケアプロストの副作用には注意!

ビューラーを使う女性 日本女性の中には自分のまつ毛に対して短いや少ない、細いと言ったコンプレックスを抱えている方が非常に多くいらっしゃいます。
そんな女性の間で昨今話題となっているのがまつ育で、医薬品のまつ毛専用の育毛剤を使ってしっかりとした元気なまつ毛を生やそうと頑張っている女性が増えているようです。

中でもケアプロストはジェネリック医薬品ということもあって安価で購入できるため、特に人気が高い育毛剤と言われていますが、間違った使い方をすることによって副作用を引き起こしてしまっているケースもあり注意が必要です。
ケアプロストは効果が高い反面コスメではないので、使用に当たっては副作用のリスクとも隣り合わせであるということを十分に理解しましょう。

ケアプロストを塗る部分は基本的にまつ毛の生え際だけで、毛の生えてくる部分だけに慎重につけます。
上まぶたにべったりと塗るのではなく生え際にだけ浸透させるように塗らなければならず、皮膚についてしまったときにはきちんと拭き取るようにしないと、肌が黒ずんできてしまいます。

ケアプロストを使うことによる副作用として報告されているものに、皮膚の色素沈着や赤み、かゆみ、かぶれなどがあり、特に目尻や下まぶたに液だれしてしまうことで目の周辺が真っ黒になってしまった事例も珍しくありません。

痒みやかぶれは肌質により個人差はありますが、違和感が強い場合はしばらく塗布をするのを避けるようにしましょう。
なお皮膚の黒ずみが出てしまったときも塗るのを止めればまたもとの肌色に戻るので問題ありませんが、肌トラブルを避ける為にも極力他の部分につかないように塗ることが大切です。

まつ毛の生え際にだけつけられるように専用のアプリケーターを使うこと、しっかりと乾いてから寝るようにすること、また目の中に入ると充血したり白目の色素が変わってしまうこともあるので、ごく少量だけを垂れないように塗るといったことに注意しましょう。

もともとはまつ毛の薬じゃなかったらしい

まつ毛が驚くほど伸びると評判のケアプロストですが、実はこの薬は眼病である緑内障の治療薬とほぼ同じ成分となっています。
そもそもまつ毛育毛剤の誕生は緑内障の治療を行っている患者さんの訴えによるものがはじまりで、処方された目薬をさしている目のまつ毛だけが急激に伸びるといった声が上がったことが開発のヒントとなったようです。

緑内障の目薬の副作用の一つがまつ毛が長く太くなるということで、これを美容目的として開発した育毛剤が大ブームとなり、ジェネリック医薬品のケアプロストの開発へとつながったという歴史があります。
その為ケアプロスト以外のまつ毛専用の育毛剤はいずれも、点眼すれば緑内障の治療薬として用いることも可能です。

このようなことから生え際以外の皮膚につくと、そこから余計なムダ毛が生えて来てしまうといった声も若干ながら上がっており、目尻部分に産毛のようなムダ毛が生えてしまうことも肌が黒っぽく見えてしまう要因の一つだといった意見もあるので、伸ばしたい毛以外の部分につけないことが重要な注意事項となります。

眼病の治療薬としても使用される成分が入っていることからも分かるように、ケアプロストが目の中に入ってしまうと眼圧を下げる作用が働いてしまうので、健常な方が使う場合には視力の異常にもつながってしまうリスクも考えられるため、少量であっても目の中に流れないように塗る量、塗る角度に気を付けましょう。

ケアプロストは無色透明で水のようにサラサラな液体となっていて、目薬と同じ容器に入っています。
その為一滴で両目にしっかりと行きわたるので、早く伸ばしたいからと必要以上にたっぷりぬったり、一日に何度も塗るようなことはタブーです。